So-net無料ブログ作成
検索選択

映画『塔の上のラプンツェル』の感想。 [映画]


塔の上のラプンツェル ブルーレイ(デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]

塔の上のラプンツェル ブルーレイ(デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray



あらすじ
主人公の少女ラプンツェルは生まれてから18年間、塔の中に閉じこもって生きてきた。彼女の金色の髪には不思議な力が宿っていて、それが皆に知られてしまうと悪く利用される。そう言い聞かせて髪の魔法の力を独り占めして若さを保っているのが、ラプンツェルと同居する母親を名乗る女、ゴーテル。
ゴーテルが悪いやつで、過去にお城の王と姫から生まれた赤ちゃんの髪に不思議な力が宿っていることを知り、さらってしまう。それがラプンツェル。
女はラプンツェルの力を独り占めしたいがために、塔から外出するのを禁止していた。ラプンツェルは母の教えを守り、外には出ないでいた。髪を切ると魔法の力が失われてしまうので、ラプンツェルの髪はものすごく長い。
毎年、自分の誕生日に夜空に現れる無数の謎の光。それを18歳の誕生日に見にいきたいと母にお願いするラプンツェル。もちろん断られるが、代わりのものをねだるラプンツェルに折れて3日塔を空けることになる。
そこへ城からティアラを盗んで塔の中に逃げ込むフリン(本当の名前忘れた)と出会い、フリンはラプンツェルに隠されたティアラを取引に、ラプンツェルの目的を果たす手伝いをすることになる。

感想
ディズニー映画らしいと言えばそれまでなんだが、誰が見ても楽しめると思う。おすすめです。
CGの技術のすごさ。それと3Dの相性がいい。ぜひ映画館で見て欲しい。
吹き替えではラプンツェルをしょこたんが演じていたそうです。ラプンツェルに成り過ぎててエンドロール見るまで分からなかった。
かわいいカメレオンと頼りになる馬のマキシマスも見所。動きが好きw
個人的に好きな場面は、ラプンツェルが初めて外に出た時の嬉しさと、約束を破ってしまった罪悪感との葛藤の部分。笑えるところも多い。

2014-03-19追記
今日、地上波で放送した。これ鑑賞したの3年前だったらしい。当時の記事の関係ない文を消して再投稿。
ディズニー最新作『アナと雪の女王』にもラプンツェルたちがチラっと登場するらしい。

リンク
塔の上のラプンツェル | ディズニーキャラクター
塔の上のラプンツェル - Wikipedia

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: