So-net無料ブログ作成

映画『ダイ・ハード/ラスト・デイ』の感想。 [映画]



このシリーズも5作目らしい。テレビ放映も何回か見たような気がするが真面目に見たことはないと思う(中身あんま記憶にない)。まともに映画館で観たのが今作品だ。結構見やすいテンポでシリーズの味(というかノリ)がよくわかった気がする。

ストーリー(wikiより)
音信不通だった息子のジャックが、ロシアで警察沙汰を起こして身柄を拘束されたことを知る。マクレーンは娘ルーシーに見送られながらロシアへと渡る。ところが、ジャックが出廷するはずだった裁判所は突如爆破され、2人は大混乱の中で再会を果たす。だが、ジャックはマクレーンを突き離してその場から車で去る。それを追う謎の武装集団。状況を理解できていなかったがマクレーンはジャックらを追跡する。壮絶なカーチェイスの末、マクレーンは武装集団の車を大破させて、ジャックと合流する。その後、ジャックが隠れ家と称する建物に到着。そこで、ジャックがCIAの人間であることを知る。安全かと思われたが、謎の武装集団に襲撃される。それを何とか退けて隠れ家から脱出する。 かくして、マクレーンはいつものように愚痴りながらも、ジャックと共に何らかの目的のために行動を開始する。

以下、ダラダラと記憶をなぞる
はじめの方はゴチャゴチャしててよくわからなかったけど(政治家が関係してることはわかった)、ジャックが誰かを撃って捕まった流れで、また別に収容されていた政治家のコマロフと共に裁判所の法廷へ。そのロシアにある裁判所へ向かったジョン・マクレーンは、爆破された裁判所からコマロフと共に逃げ出す息子のジャックと対面する。CIAであるジャックは動揺し、作戦が6分遅れたことによってプランの変更を余儀なくされ敵に追われることに。ここからカーチェイスに入り、一般道路と車を滅茶苦茶にする。とりあえず乗り物をパクって息子を追いかけるマクレーンも乱入。武装集団の相手は装甲車だったが、マクレーンの活躍によりジャック達は逃亡に成功する。
隠れ家でジャックの相棒とも対面し、ジャックがCIAであることを知るマクレーン(そこで初めてマクレーンが刑事だと知った自分!)。ジャックは自分の父のことをジョンと呼び捨てにしてたりして、マクレーンも父さんだろ?と軽く注意しながらも息子に従う。作戦のキーになってるコマロフはこのまま国外逃亡するなら娘も連れて行きたいと告げる。間も無く敵に襲撃され、ジャックは相棒を失い、マクレーンと一緒にコマロフと娘との待ち合わせ場所の建物へ急ぐ。
無事に対面しハグする親子を見たマクレーンは息子に「ハグするか?」とジョークをかます。その場所に作戦情報のキーのファイル(だっけな?)も発見したが、敵も待ち構えていて、コマロフの娘も金目当てで裏切っていたことを知る。腕を縛られたマクレーン親子は殴られるが、ヒップホップダンサーになりたかったらしい敵を笑い(この隙にジャックはナイフで切る)、形勢を逆転させる。追い詰められたヒップホップ野郎もヘリに乗り、建物事狙撃して逆に追い詰める。死んだはずと娘が判断してその場は終わる。

あともうネタバレ
もちろんマクレーン親子は生きてる。ここからはもうCIAとか全然関係なく、悪いやつをぶっ殺しに行こうぜ的なノリで進む。コマロフが握ってるものというのも核兵器が関連していて、チェルノブイリが決戦場となる。大量破壊兵器の燃料が隠してあるその場所で敵もコマロフを誘導して用が済むと殺す予定だったのが、娘が反逆してヒップホップ野郎を撃ち殺す。実はすべてはコマロフと娘の企てだったのだ。敵の親玉の政治家もサウナでコマロフに制圧されてることを知り、マッサージ師に絞殺される。その後、武装して侵入したマクレーン親子はコマロフと再会する。ジャックは全然気付いてなかったが、マクレーンが娘がいないことに違和感を持ってヒップホップ野郎も殺されてることに気付く(マクレーンは安心して見れるな)。そこへ娘達が登場して銃撃戦に突入し一気にラストへ。息子がヘリの銃撃に当たりそうになるんだけども、その助け方もワイルドだった。

一番の見所は最初のほうのカーチェイスのところかな?車潰しすぎ(笑)
最中、電話に出るマクレーンに娘から「ジャックに会えた?」「あぁ、目の前にいる」って車を敵にぶつけながらクルクル回るジャックの運転する車を確認して平然と言ってる。ロシア人の車を無理に止めて、出て来た運転手の罵声に何言ってるかわからないから一発ぶん殴って奪っちゃうとかこういうシリーズなんだなって理解できた。裁判所に向かう時のマクレーンとタクシーの運転手とのやりとりも好きだ。

最後は親子ともプールの中に落っこちて、水面に出たジャックが親の名前を呼んだり、また潜ったりして探すけど、「父さーん!」って叫んだあとに「ここだ」ってもうとっくにプールから上がってたりして。さっき父さんって呼んだよな?空耳だよ、耳に水が入ったんだよ!っと言い訳するツンデレ息子とかそういうごちそうさまな内容でした。

リンク
ダイ・ハード/ラスト・デイ - Wikipedia
映画「ダイ・ハード/ラスト・デイ」オフィシャルサイト


ダイ・ハード/ラスト・デイ [DVD]

ダイ・ハード/ラスト・デイ [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。